平服で十分だけど・・・それでも気を遣いたいあなたへ教えるお彼岸の墓参りに適した服装

お彼岸の時期にお墓参りをする家庭が多いですが、悩むのがその時の服装ですね。

法事や葬儀などではないから、喪服である必要はなく、平服でも全然かまわないのですが、それでもあまりにもラフな格好は避けたいですよね。

そこで今回は、お彼岸のお墓参りに適した服装を紹介します。

服装に迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

お彼岸参りの所以…そのルーツに見る儀礼的な要素とは?

お彼岸の時期になると、お墓参りをするのが一般的ですね。

でもなぜお彼岸の時期にお墓参りをするのでしょうか?

お彼岸の時期というのは、この世である此岸(しがん)と、仏様が暮らす彼岸との境界線がなくなり、二つの世界が最も近づくとされています。

つまり、あの世とこの世が近くなる日がお彼岸ということですね。

お盆の時は、故人があの世から家に帰ってきますが、お彼岸とは反対に、私たち生者が偲ぶために、故人に会いにいく風習です。

お墓にお参りして故人の供養をすることで、故人がちゃんと極楽浄土へ行けるように祈りを届ける、というのが大きな目的ですね。

また、お墓参りをして故人に心の中で話しかけることで、気持ちを安らげるという意味も含まれているんですよ。

つまり、お彼岸とは死者と生者、両方の気持ちを安らげるための行事なんですね。

現代人は多忙になりつつあり、またお墓が遠方にあると、なかなかお参りする機会も減りがちですが、故人を偲ぶということは、自分たちの気持ちを落ち着かせるためにも、とても重要なことなんです。

そのためにも、お彼岸にお墓参りに行く時は、どんな服装をしていくか、気になりますよね。

お彼岸の墓参りは故人宅への挨拶来訪?だからこそこんな服装で訪ねたい

お彼岸の時に、僧侶をお招きして読経して頂いたり、法要に出席するのでないのなら、

服装は過度に派手だったり露出が少なければ、基本的に普段着でも全く問題ありません。

また、お墓のお掃除をするのであれば、動きやすい服装の方が逆に良かったりするので、

あまり汚してはマズいような格好はやめておいた方が良いでしょう。

ただし、もしお彼岸の時に納骨をしたり、命日を迎えるため、法要を行うのであれば、

服装はやっぱり喪服の方が良いですね。

特に法要もなく、本当にお墓参りだけなのでしたら、動きやすい服装でも大丈夫です。

ただしくれぐれも、派手だったり個性的だったり、お墓参りに似つかわしくない服装をするのはやめましょう。

短パンやミニスカート、タンクトップ、アロハシャツなどは特にNGですよ。

黒、灰色、紺など、地味で落ち着いた色の服装が理想です。

反対に、黄色や赤、オレンジなど明るくて目立つ色は避けてください。

また、アクセサリー類も、つけるとしても控えめなものが良いですね。

匂いの強い香水もなるべく避けるようにしてください。

また靴も、特に法要がないのでしたら、革靴やパンプスなどではなくても良いですが、

サンダルやミュールなど、歩きにくいものはやめておきましょう。

霊園によっては、坂道や階段を登ったりする場所もあります。

ヒールが高い靴や脱げやすい靴で行くと、歩きにくくて大変なので、運動靴などがおすすめですよ。

お墓参りに行く時は礼装でなくても、控えめで動きやすい服装にする、ということを覚えておくようにしましょう。

また、もし親戚も一緒にお墓参りをするのでしたら、服装のことを相談し合ってみるのも一つの手ですよ。

まとめ

お彼岸の時期、お墓参りに行く時は、

特に命日であったり、納骨などがないのでしたら、

動きやすい服装でいくのが良いでしょう。

ただし、派手な色合いや過度な露出、

華やかな服装やアクセサリーは避けるようにしてくださいね。

靴も履き慣れた運動靴などがおすすめ。

あくまで故人の供養をするという名目なので、

控えめな服装で行くのがマナーです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

出来れば少な目で・・・が本音!出産祝いのお返しの上手なやり方!相場は相場・・・じ...