出来れば少な目で・・・が本音!出産祝いのお返しの上手なやり方!相場は相場・・・じゃダメなの?

赤ちゃんを出産すると、自分の周りの人からお祝いをいただきますよね。

お祝いと一緒に、おめでとう!という言葉や気持ちをいただきとっても嬉しいものです。

でも、お祝いをいただいたら、お返しを考えることになります。

産院でもらった内祝いのカタログを眺めたりネットを見ながらどれにしようか迷ってしまっていませんか?

私も、たくさんの人にお祝いをいただいて、嬉しい!!

という気持ちもありつつ、お返し、どうしようかなぁ。

って、悩む気持ちもありました。

もらった金額もバラバラ、年齢もいろいろだし・・。

いったいいくらのものを誰に贈ったらいいのだろう?

金額も失礼にならないようにしたいけど・・。

できれば、赤ちゃんが産まれてこれから出費もあるし

お返しの費用は少しでも抑えたい。

などなど、いろんな思いも出て来て

ちょっと考えるのが嫌になってしまったときもありました。

でも、こう思ってる人って他にもいるんじゃないかな〜って思ったので

出費を抑えて、かつ何かいいお返しの方法がないか調べてみました。

貰ったものにお返しって必要なの?出産祝いのお返しの意外なルーツと風習

内祝いは、昔は赤ちゃんが生まれた喜び、幸せを周りの人達に

おすそわけするものとして、紅白のおもちやお赤飯、鰹節などを

贈るのが習慣となったものです。

お世話になった人を招いて赤ちゃんをお披露目し、

赤ちゃんが生まれた報告と、挨拶をしていたところもあるそうです。

そういうことから、「内祝い」は、お祝いをいただいていない人にも

贈ることがあるものなんですね。

出産以外にも、内輪のお祝い事(結婚、新築、快気祝いなど)があった場合

内祝いとして記念の贈りものをします。

一方、「お返し」はお祝いをしてくださった人へのお礼の気持ちを贈るものなので、お祝いをいただいてから用意するものです。

ということは、お祝いをもらったのに、お返しをしないのは、

「お礼をしない」という失礼を相手にすることになりますよね。

そういう意味では、お祝いをいただいたらお返しは必要だといえます。

そして、本来は違う目的のはずの、出産祝いの「お返し」と「内祝い」は、

現在では同じような意味で認識され、使われているようです。

常識外れに思われない節約型出産祝いのお返しの方法!お返しの相場は気にしないほうがいい…?

お返しの相場は、出産祝いでいただいた金額の

3分の1~2分の1といわれています。

品物をいただいた場合は、

金額をネットで調べて見当をつけ、

その3分の1~2分の1。

会社の同僚から連名でいただいた場合などは、

金額を人数で割って端数がでると思うのでだいたいの額で。

一人ずつでなく、みんなで分けられるお菓子なんかもいいですね。

目安として、いただいた金額が一般的な額であれば、2分の1。

高額であれば、その3分の1をお返しします。

なぜなら目上の方や、親戚からお祝いでいただくお金が

高額のこともありますよね。

その金額の半分だとお返し自体が高額になってしまい

かえって失礼にあたるのです。

相場の目安はありますが、こだわらなくていいのです。

お祝いが10000円ならお返しは3000円前後。

お祝いが5000円ならお返しは2000円前後。

それ以上いただいた場合でも、

25000円〜30000円あたりで考えるといいと思います。

ただ、お返しを期待してお祝いをあげる人は

ほとんどいないと思いますので

相場より低めでも皆あまり気にしないのではないでしょうか。

まとめ

赤ちゃんが生まれたばかりの若い夫婦。

これからいろいろ物入りだろう、ということは

周りの人にもわかっていることです。

きっと、あなたに出産のお祝いをくれた人たちは

お返しの金額なんて気にしていないものです。

また、最近はカタログギフトも充実していますし、

子供のおもちゃやベビー用品につかえる商品券もあります。

値段もお手頃のものが種類豊富にあるので、いろいろ探して

みることをお勧めします。

内祝いのカタログ、いろいろな会社が出していますが

会社によっては同じ商品でも、名入れしないなら何百円安い、

というものもあります。

同じブランドのものでも入っている量や大きさが違うと

少し安かったりするんですよね

面倒かもしれませんがカタログをじっくり読んで検討するのも、

費用を抑えるには必要なことと言えそうです。

もらう側にしてみれば普段自分じゃ買わないけど、

もらったら嬉しい珍しいお菓子や、

一生懸命選んでくれたんだなぁ!とわかるものなど、

こちらの心からの気持ちが伝わるお返しなら、

それだけでとっても嬉しいものなんですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

平服で十分だけど・・・それでも気を遣いたいあなたへ教えるお彼岸の墓参りに適した服...